保険衛生|学生生活サポート|九州大谷短期大学

HOME > 学生生活サポート > 保健衛生

九州大谷短期大学 学生生活サポート 保険衛生

定期健康診断

本学では、学校保健法に基づき、毎年4月に健康診断を実施しています。健康診断の結果「所見あり」と診断された場合は、本人に通知し、再検査を行ったり、必要に応じて医療機関での精密検査又は保健指導がなされます。
※定期健康診断を受けていない場合及び所見ありの場合は、大学にて健康診断書の発行はできません。
※実習、就職、進学時に不都合が生じますので必ず受けてください。

定期健康診断実施項目

  1. 身体測定: 身長・体重・座高・視力
  2. 胸部レントゲン撮影
  3. 尿検査
  4. 問診

健康診断書の発行

証明書発行申請書にて、申込みを行ってください。1通200円です。
ただし、定期健康診断を受けていない場合は発行できません。

医務室(本館1F: 事務室に連絡)

医務室は本館1階にあります。医薬品や休養ベッドが備え付けてありますので、気分がすぐれない場合や、けがをした場合は事務室まで申し出てください。なお、飲み薬等常備薬については各自用意しておいてください。
また、病気やけがで緊急を要する場合は、直ちに医療機関へ移送することもあります。下宿生活をする場合は必ず「遠隔地被保険証」を取り寄せていつでも携帯しておいてください。
また、保健関係の相談も随時受け付けております。保健担当の教員が、個別相談に応じますので、希望者は気軽に学生支援課に申し込んで下さい。
学校最寄りの医院として
外科:姫野整形外科医院(本学より209号線を北に車で10分)
内科:柳瀬医院 (本学より209号線を北に徒歩5分)

遠隔地被保険者証

自宅外通学者は遠隔地被保険者証の交付を受けておくと便利です。
遠隔地被保険者証は在学証明書(住民票が必要な場合もある)を扶養者が加入している健康保険証取扱所(社会保険は勤務先、国民保険は市町村役場)へ提出すれば交付されます。
住民票が必要な場合は、事前に帰省地の役所より転出証明をもらい、現住所管轄の役所に転入届を提出しておいてください。
なお、個人別保険証の発行を受けている場合、遠隔地保険者証は必要ありません。

ページ先頭へ