公募推薦入試|入試情報|九州大谷短期大学

HOME > 入試情報 > 公募推薦入試

九州大谷短期大学 入試情報 公募推薦入試

高等学校長の推薦を受けられる方を対象とした、公募制の入試制度です。

出願資格

本学への進学を強く志願し、学業成績・人物ともに優秀であり、選考の結果合格した場合、必ず本学に入学する者で、次に該当する者。
高等学校または中等教育学校を2019(平成31)年3月卒業見込み、および2018(平成30)年3月に卒業し、出身高等学校長により推薦された者。

募集人員

指定校推薦入学、自己推薦入試とあわせて各学科入学定員の70%程度。

ページ先頭へ

選考方法

書類審査(評定平均値を含む)、作文(60分600字程度)、面接の総合評価によって合否を決定します。

表現学科/演劇放送フィールドの面接は、次の内容が含まれます。
  • 朗読 試験当日に簡単な文章を提示し、朗読していただきます。
  • うごき  簡単な動作を当日指示します。

出願手続

出願書類
入学志願票・受験票・副票・入学検定納付票
本学所定の用紙。写真貼付したもの。

調査書
出身高等学校所定の用紙。出身高等学校により厳封されたもの。

推薦書
本学所定の用紙。出身高等学校により厳封されたもの。

自己PR書
本学所定の用紙。黒のボールペンを使用し、自筆で記入したもの。
*PRしたい取得資格・諸活動等の証明書や賞状があればそのコピー(A4サイズに縮小、拡大)を添付してください。
*演劇放送フィールドのみ、ビデオ・DVD・CD・SD音源(歌や楽器演奏)での提出も可。ただし、その旨は自己PR書に記入してください。媒体には自分の出演時間(例:スタートから◯◯分後)を明記ください。
*提出された書類・媒体等は一切返還いたしません。

入学検定料28,000円
郵送の場合は郵便為替(郵便局で購入し、署名欄は無記入のこと)を同封。持参の場合は、現金でも受け付けます。

返信用封筒(受験票送付用)
本学所定の封筒。宛名を記入し、切手(362円分)を貼付してください。持参の場合、切手は不要です。
提出の方法
  • 出願書類一式を本学所定の封筒に入れ、書留郵便で郵送または持参してください。
  • 持参する場合の窓口受付時間は、平日の9:00~16:00。
  • 土日、祝日は窓口では受け付けません。(11月3日・4日は受け付けます。)
出願上の注意
  • 出願後に志望学科および試験会場を変更することはできません。
  • 選考の結果、第1志望不合格でも第2志望で合格することがありますので、第2志望の学科がある場合は入学志願票の志望学科欄に記入してください。
  • 出願書類を持参された場合は、その場で受験票を交付します。
  • 出願書類を送付して5日以上過ぎても受験票が届かない場合は、入学広報課へご連絡ください。
  • 一度納入された入学検定料および受理した出願書類は、一切返還いたしません。

ページ先頭へ

出願期間・試験(会場・日時)・合格発表日

出願期間
(締切当日必着)
試験会場 試験日 試験開始時間 試験内容 合格発表日
11月1日(木)~ 11月7日(水) 北九州・佐世保
大分・鹿児島・沖縄
11月15日(木) 10時00分
(9時50分集合)
作文・面接 11月29日(木)
本学 11月16日(金) 9時30分
(9時20分集合)
  1. 合否結果は、合格発表日までに出身高等学校長および本人宛に郵便で通知します。
  2. 電話による合否のお問い合わせには、間違いが生じやすいので一切応じていません。

受験について

  1. 試験場集合時間は、本学会場9時20分、地方会場9時50分です。
  2. やむを得ない事情で遅刻する場合は、本学に連絡して指示を受けてください。
    TEL:0942-53-9895(入学広報課 直通)
  3. 上履きは不要です。ただし、演劇放送フィールドを本学会場で受験する場合のみ上履き(体育館シューズ)を持参してください。
  4. 試験場では、担当者の指示に従ってください。
  5. 試験場への携帯電話の持ち込みは、原則として禁止です。やむを得ず持参される場合は、当日、係りの指示に従ってください。
  6. 受験票を必ず携帯し、机上の受験番号札の手前に置いてください。
  7. 机上には受験票、筆記用具、時計以外は置かないでください。携帯電話での時間確認はできません。
  8. 作文試験開始後20分以内の退場は認めません。
  9. 試験時間中に気分が悪くなったら、直ちに申し出てください。
  10. 保護者・引率者の方は控室をご利用下さい。

入学手続について

手続方法 納入期限 内容
一括手続 12月14日(金) 入学金・前期授業料・前期施設設備費
分納手続 1次 12月14日(金) 入学金
2次 2月28日(木) 前期授業料・前期施設設備費
  1. 推薦入試は、合格の場合、必ず入学することを条件とします。
  2. 提出された書類、納付金は理由のいかんにかかわらず返還いたしません。

ページ先頭へ