2018/08/07

お話ボランティアサークル 第4回活動報告

  8月1日(水)、表現学科 情報司書フィールド1年生は、図書館ラウンジにおいて、桜保育所の園児さんたちに、絵本の読み聞かせ、紙芝居、パネルシアターを演じました。 
  いつものように手遊びからスタート。絵本『くまさんくまさんなにみてるの』『とてもとてもあついひ』、続いて紙芝居『だんごむしのころちゃん』、パネルシアター『まほうのクレヨン』などを演じました。学生が読み終えると、園児さんから「はやい!まだ、みたい」、「続きは?」などの声があり、聞き足りない様子でした。
  次回は紹介する本や紙芝居を増やしたいと思います。


 

2018/08/07

表現学科 情報司書フィールドの学生による「おすすめBOOK」のご紹介

 図書館一階のカウンターの前に、情報司書フィールドの学生による、「おすすめBOOK」を展示してます。ミステリー好きな方にお薦めの『先生と僕』(坂木司/双葉社)『ジェントルマン(山田詠美/講談社)』は、山田詠美が綴るピカレスク恋愛小説。第65回野間文芸賞受賞作です。その他に『AIに心は宿るのか』(松原仁/集英社)などを紹介してます。
  暑い夏を、本を読んで更に熱くなってください。

 

2018/08/06

8月25日(土)第2回家族介護者cafe開催

8月25日(土)13:30~本学図書館ロビーにて第2回家族介護者café(筑後市介護家族の会コスモス・筑後市社会福祉協議会・九州大谷短期大学福祉学科、専攻科福祉専攻主催)を開催いたします。
今回のミニ講座は、情報司書フィールド梅野智美先生の「脳トレ紙芝居」です。
紙芝居を使って楽しく物語を作っていきます。
実際に家族の介護をされている方、介護卒業しその体験を今悩んでいる方に伝えたい方、今後のことを考え相談したい方、どうぞお茶しにきませんか。


写真は、第1回目音楽祭(総合福祉センター)の様子です。

 

2018/08/03

お話ボランティアサークル 第3回活動報告

 お話ボランティアサークル(表現学科情報司書フィールド2年生)は、7月31日(火)、 特別養護老人ホーム長生園を訪問しました。
 いつものように、全員で歌いながら指体操『ふるさと』を行い、吉田隆治先生(本学名誉教授)によるアコーディオン演奏、美空ひばりの『悲しき口笛』を静かに聴きました。演奏終了後でも『悲しき口笛』をハミングされておられる利用者の方がいらっしゃいました。続いて紙芝居『あんもちみっつ』、パネルシアター『ひよこちゃんのこんなになっちゃった』などを演じました。
 次回は秋頃を予定してます。

 

2018/08/02

夏の講座「はじめての文化交流~講座編~」講座のご案内(8/6、8/7開催)

立教大学×九州大谷短期大学 
夏の講座「はじめての文化交流~講座編~」

 
アートをマネジメントするには、一体何が必要なの? 
文化プログラムにはどんな役割があるの? 
海外のアーティストたちとは、どんな活動ができるの?
これから「文化交流」をはじめるための、“きほんのき”を学びます。
  
日程:2018年8月6日(月)13時~18時
   2018年8月7日(火)10時30分~18時 (2日間・全7コマ)
 
会場:九州大谷短期大学 生涯学習センター
 
受講料:学生1,000円 一般3,000円 
(1日のみの受講料は半額になります)

チラシPDF→ 〔表〕 〔裏〕
 
【講座内容】
● 8月6日(月)
13:00~14:30「アートをマネジメントする~きほんのき~」
                           高宮知数(社会デザイン研究所研究員)
14:40~16:10「文化プログラムの変遷と現状」
                           TOKYO2020組織委員会
16:20~17:50「公立文化施設のあゆみとこれからのミッション~サザンクス筑後のとりくみ~」
                           久保田力(公益財団法人筑後市文化振興公社(サザンクス筑後指定管理者)事務局長)
  
● 8月7日(火)
10:40~12:10「文化プログラムと社会デザイン」
                          中村陽一(立教大学大学院教授、社会デザイン研究所所長)
13:00~14:30「アートをマネジメントする~きほんのきパートⅡ~」
         若林朋子(立教大学大学院特任准教授/プロジェクト・コーディネーター)
14:40~16:10「小さなAIR(アーティスト・イン・レジデンス)~地域へのひろがり~」
                          大澤寅雄(ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室)
16:20~17:50「3年間の取り組みにむけて」
                          大澤寅雄(ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室)
            若林朋子(立教大学大学院特任准教授/プロジェクト・コーディネーター)
                          司会:高宮 知数(社会デザイン研究所研究員)
 
【申し込み方法】
 ・お名前(ふりがな)
 ・年齢
 ・連絡先(メールアドレス)
  を明記の上、ootaniengekikouza2020@yahoo.co.jp までお申し込みください。
 
【お問合せ】
 九州大谷短期大学(表現学科 演劇放送フィールド)
 電話&FAX 0942-53-9894
 

2018/08/02

仏教学科 第13回「夏の法要」厳修報告

8月1日(水)に本学生涯学習センターにおいて、第13回仏教学科「夏の法要」を厳修いたしました。学生が主体となり、「人は何のために生きているのか」というテーマのもと、勤行・感話・学習発表(2年生:輪読『蓬茨祖運選集』第十四巻「人間に生まれる」、1年生:テープ起こし『人間の一生』宮城顗先生の講義録)・講話を行いました。
 講話の講師には、伊藤元師(真宗大谷派 德蓮寺前住職)をお迎えして、「仏法を聞いた証」という講題でお話をいただきました。
 当日は大変暑い中、たくさんの方々にお参りいただきました。皆さまのご協力のもと、「夏の法要」を勤めることができました。ありがとうございました。

 

 

 

2018/08/01

イラスト入りポップで本を紹介しよう




ページ先頭へ