2019/01/28

第14回仏教学科報恩講厳修報告

2019年1月25日(金)に九州大谷短期大学の生涯学習センターにおいて、第14回仏教学科報恩講を厳修いたしました。「念仏と出遇う縁」というテーマのもと、学生が主体となり、勤行・感話・学習発表(1年生)・法話(2年生)を行いました。多くの方々に出席をいただき、みなさまのご協力のもと報恩講を勤めることができました。ありがとうございました。



 

2019/01/25

第12回九州大谷真宗シンポジウム開催のお知らせ

下記の通り、第12回九州大谷真宗シンポジウムが開催されます。
どなたでもご参加いただけます(入場無料)。
保育や宗教教育に携わっている方、関心をお持ちの方など、
多くの方のご参加をお待ちしております。
なお、メールまたはFAXにて、2月22日(金)までにお申し込みください

     記
第12回九州大谷真宗シンポジウム
テーマ「宗教と保育」
2019年2月27日(水)14:00開会(13:30開場)
九州大谷短期大学 大谷講堂

シンポジスト
 牧野 桂一 氏(全国保育心理士会 代表)
 牛島 幹夫 氏(直方セントポール幼稚園 園長)
 庄籠 道子 氏(北川副こども園 園長)
コーディネーター
 樋口 光融 氏(九州大谷短期大学幼児教育学科)

保育における宗教の関わりと可能性は?
「なぜ宗教保育なのか」
その意義について認識を深め課題を新たにする。





 

2019/01/25

九州大谷真宗保育研究会座談会「tomo café」開催のお知らせ

2019年2月16日(土)14:00~15:30
九州大谷短期大学 大谷講堂研修室にて
九州大谷真宗保育研究会 2018年度第2回真宗保育座談会「tomo café」が開催されます。

今回のテーマは、『真宗保育と表現』―内山秀樹先生を偲んで― です。
九州大谷短期大学幼児教育学科で長きにわたり 子どもの表現に関する教育に携われ、
本研究会を支えていただきました内山秀樹先生が 今年1月3日にご逝去されました。
先生が語ってこられた、子どもたちにとっての、私たちにとっての「真宗保育」「表現」
について 共に語り合い考えましょう。

どなたでもご参加になれます。
会員の方(団体会員加盟園にご所属の方も含む)は無料で参加できます。
会員でない方も、当日ご入会いただくことができます。
お茶とお菓子を用意してお待ちしておりますので、どうぞ足をお運びください。
なお、できるだけ事前に参加申し込みをお願いします。
E-mailまたはFaxにて、2月13日(水)までにお申し込みください。



 

2019/01/25

真宗大谷派教師試験検定準備学習会のお知らせ

今年度も以下の通りの日程で、準備学習会を開催致します。
申込み締め切りが1/25になっておりますが、2/8(金)まで受け付けます。
ご興味をお持ちの方はお問い合わせください。

九州大谷短期大学 担当:塩塚

 

2019/01/17

桜保育所の報恩講に参加しました

1月16日(水)に、仏教学科の1年生が桜保育所の報恩講に参加しました。
中島航先生のお話の後で、学生たちが選んだ紙芝居りゅうじん池としんらんさま」の読み聞かせを行いました。
最後に「はやい!もう終わり?!」と、子どもたちが言ってくれました。
笑いながら紙芝居を見てくれた園児の姿が印象的でした。
親鸞聖人の生涯を学んでいる学生たちにとっても、大事な学びの場となったようです。




ページ先頭へ

新着情報

今月の記事
前へ  アーカイブ  次へ