2017/03/24


第46回卒業証書授与式が執り行われました(3/10)

2017年3月10日(金)に第46回卒業証書授与式が行われ、
162名の卒業生が旅立ちました。
 
式では全卒業生の氏名読上げの後、各学科の代表に卒業証書が授与され、
それぞれの2年間の学生生活の思い出と、卒業への思いが詰まった
「卒業のことば」を述べました。
引き続き、各免許状の授与が行われ、
学長告辞、理事挨拶、来賓祝辞があり、閉式しました。
 
式終了後は、各教室で記念撮影。
名残惜しみながらの、最後のクラスアワー。
その後、バスで久留米市内のホテルへ移動し、
祝賀会を行い、旅立ちを祝いました。

  


 

2017/03/15


FM福岡特別ラジオドラマ(脚本:日下部信)が、3月26日(日)夜7時から放送です!

演劇放送フィールドの日下部信先生が
脚本執筆・演出したラジオドラマのお知らせです。

そして3月卒業式を迎えたばかりの
演劇放送フィールド卒業生(演劇放送37期)の
原田翔太郎さん、松原雄生さん、平川香菜さん、田中恵理奈さん
出演しています。

ぜひお聴き下さい!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
FM福岡
特別番組ラジオドラマ「はこぶおはなし~富永シヅの敷いた道~」

放送時間 2017年3月26日(日) 19:00~19:55

<内 容>
冷たくて美味しいアイスクリームや、新鮮なお野菜。 全国の美味しい物を
家に居ながら食べられる時代。 今では当たり前となった冷凍・冷蔵輸送ですが、
その始まりには大変な苦労がありました。 この番組は、冷凍・冷蔵輸送の開発
に取り組んだ一人の女性の物語です。

脚本・演出: 日下部 信
構成・監修: 阿久根 知昭
協力: ライトスタッフギルド 福岡運輸株式会社 株式会社矢野特殊自動車

出演:  後藤 香   村上 差斗志   山下 晶   美和 哲三 ほか

テーマ曲: Ann Sally「こころ」
制作・著作: エフエム福岡

番組ホームページ
228http://fmfukuoka.co.jp/newprogram/main.html#20170125416

 

2017/03/14


演劇放送フィールドH24年度卒業、沖村彩花さん准フォトジェニック受賞!

演劇放送フィールド卒業生は、 卒業後、いろんなジャンルで活躍しています。
今回は、H24年度卒業生の沖村彩花さんの受賞お知らせです。

演劇放送フィールド33期卒業生、沖村彩花です。
この度、「全東京写真連盟」2017年度準フォトジェニック
という称号を頂戴しました。沢山のカメラマンさんと共に、
被写体としてより良い作品作りに尽力して参ります。
応援の程、よろしくお願い致します!!


受賞の様子(一番左、沖村彩花さん)

 

2017/03/13


春のオープンキャンパスのご案内【3/25(土)】

 春のオープンキャンパス
 『 九州大谷 』 に出遇う

 春のオープンキャンパスを開催いたします。学科説明、模擬授業などを行います。
 この機会に、大学での学びを体験してしてみませんか。
 また、キャンパス見学、学生スタッフとの懇談もあります!
 気軽に在学生に『九州大谷』の話を聞くことができます。
 先生との個別相談や寮見学(女子のみ)も準備しています。
 『九州大谷』との出遇いとなるように、皆さまのご来場をお待ちしております♪
 
日時 :3月25日(土) 
           
9:30~受付  10:00~14:00


場所 :九州大谷短期大学 キャンパス内各所
 
内容 :学科説明・模擬授業・キャンパス見学とランチ(学生スタッフとの懇談)
         ・個別相談・寮見学(女子のみ)

    
  
模擬授業◇

    表現学科演劇放送フィールド:アフレコ・ミュージカル・スタッフ体験
    表現学科情報司書フィールド: 美しい日本のことば
    幼児教育学科 : 楽しくカラダを動かそう
    福祉学科 : 介護の楽しさ体験
    仏教学科 : 声を出して正信偈にチャレンジ!
    
※事前予約は不要です。保護者の方も是非ご参加ください。

※近隣駅から無料送迎バスを運行します。こちらは事前予約をお願いします。
 詳しくはコチラ↓
http://www.kyushuotani.ac.jp/prospectus/opencampus/


オープンキャンパスの様子


 

2017/03/13


【告知3/20・3/24】プレーパーク開催のお知らせ

春の陽気に誘われて、外遊びが楽しい今日この頃。
桜の便りまであと少し!?

プレーパーク、次回と次々回のお知らせです。

3月20日(月・祝)10:00-12:00
3月24日
(金)10:00-12:00

場所はプレーパークひろば(赤土の広場)です。

内容は、たき火調理いろいろ、集団遊びなどです。

2016年度のプレーパークは、これが最後となります。
春休みに外遊びをしたい子どものみなさん!保護者のみなさん!
大谷生と一緒に、冒険遊びを楽しみましょう。

参加は無料です。
お子さんの年齢は問いませんが、保護者同伴でご参加下さい。

雨天時は屋根のある場所もしくは体育館に変更します。

参加を希望される方は、できるだけ事前連絡をお願いします。
(0942-53-9900、幼児教育学科スエザキまで)



 

2017/03/08

C1グランプリを開催しました!



3月3日、「C1グランプリ2017 in大谷」を開催しました。
 
C1グランプリでは、3つのCをコンセプトとしています。
 
真の笑顔と幸せを考える
are(介護)
 
支援を受ける人と支援をする人の双方による
ommunication(意思疎通)
 
相手の立場に立って考え接する
onsideration(思いやり)

 
このコンセプトに沿ったかかわりを、高校生の豊かな感性と発想力を発揮し、舞台の上で披露するのがC1グランプリです。
 
開催4回目となる今年は、朝倉光陽高校・三井高校・大川樟風高校・小郡特別支援学校・大牟田高校の生徒さんや先生、総勢49名の方々にご参加いただきました。
 
それぞれのチームで一生懸命に考えた支援方法を、緊張しながらも堂々と披露してくれました。どのチームも3つのCを大切にした笑顔のかかわりによって、素晴らしい大会となりました。
 
親睦会では、美味しい食事をいただきながら他校の生徒や本学の学生・卒業生たちとの交流を楽しみました。
 
「人が人を支える」ことの大切さを、みんなで一緒に考えた一日となりました。

 

2017/03/07

専攻科福祉専攻の学生が韓国に研修旅行に行きました

  専攻科福祉専攻は、アジアの介護や福祉についての理解を深め、
グローバルな視点を身につけ専門性を高めるため、
2月23日(木)~25日(土)2泊3日の日程で韓国(釜山)に研修旅行に行きました。
1日目は「ジヘセム保育園」と「釜山広域市障害者総合福祉館」を訪ねました。
韓国では保育園ではなく「子どもの家」と呼んでおり、室内の壁にはいろんな絵が描かれていて
とても明るい印象の子どもの家でした。「釜山市広域障害者総合福祉館」では
韓国の障がい者・児サービスについて詳しく説明を受けました。
理学療法や作業療法などはほとんどが個室で行われていました。
また、リハビリ事業や福祉用具の種類の多さにも驚きました。
 2日目は慶州へ移動し、「ナザレ園」を訪問しました。
ナザレ園は、第2次世界大戦後、韓国に取り残された日本人女性が
介護を受けながら生活している老人ホームです。
日本から持っていったお手玉や折り紙、紙風船などで一緒に遊んだりお話しをしたり、
「ふるさと」と「富士山」を一緒に歌い楽しいひと時を過ごしました。
また、世界遺産仏国寺や国立慶州博物館、釜山の朝鮮通信使資料館なども見学し、
韓国の歴史そして日本との関係についても見聞を広めることが出来ました。
  3日目は日本語を勉強している韓国の学生さん達とグループに分かれ、
釜山の街を一緒に歩き韓国の文化や生活などについて学びました。  
  今回の研修で学んだことを今後に役立てていきたいと思います。


 

ページ先頭へ

新着情報

今月の記事
前へ  アーカイブ  次へ