九州大谷短期大学 表現学科 演劇放送フィールド メッセージ

Student's Message

ミュージカル俳優になる夢に向かって、
この短大で頑張ります!

表現学科 演劇放送フィールド 室川 真穂
学科/コース・フィールド:表現学科 演劇放送フィールド
氏名:室川 真穂
出身校:広島県立吉田高等学校(広島県)

私は幼いころミュージカル俳優になりたくて演劇を学べる進学先を探していました。そんな中で、見つけたのがこの短大の演劇放送フィールドでした。この短大ではミュージカル・声優・スタッフを基礎から幅広く学ぶことができ、また、音響の資格取得をサポートしてくれることを知り、この短大に進学することを決めました。
今は、特に日本語概説や日本語発声法の勉強に興味があり、その中で自分は思っていた以上に「広島弁」が強いことを知り、50音の発音がクッキリ出来ていないことを実感しています。また、講義では言葉をクリアに出すための呼吸法や鼻濁音なども学ぶことができ魅力的です。
卒業後将来はミュージカル俳優になりたいと考えております。夢をかなえるため、これからこの短大で頑張っていきます。

Teacher's Message

"人生の主体者"であるために
学生一人ひとりに合わせた指導を

教授 上田 聖子 専門分野  ミュージカル
教授:上田 聖子
専門分野:ミュージカル

学生たちにいつも伝えているのは、「人間力を高めること」の大切さ。挨拶やマナー、コミュニケーションなどを重要視した指導を行っています。演劇放送フィールドでは、2年次から俳優、声優、ミュージカル、ダンス、スタッフ、就職、4年制大学への編入など、それぞれの進路に合わせた指導を行いますが、その時点で自分の将来をしっかりと見据えて邁進する学生、迷いながら自分の道を模索している学生などさまざまです。しかし、どのような2年間を過ごすとしても〝人生の主体者〟であってほしいというのが私の願いです。仲間たちと一緒にこの場所で過ごした2年間は、きっとその先の人生の指標になります。ここでしかできないこと、ここにしかない学びを思いっきり楽しんでください。

OG・OB Message

勇気を出して飛び込めば
自分の未来がきっと見つかる

【2017年卒業】文学座附属演劇研究所 桑田 佳澄 鴻城高等学校(山口県)出身
【2017年卒業】
文学座附属演劇研究所 桑田 佳澄
鴻城高等学校(山口県)出身

演劇放送フィールドには高校生までに経験したことのない学びがたくさんあり、正直辛いときもありました。でも、そのおかげで自分がやりたいこと、自分の個性を見つけることができたので良かったと感じています。演技の勉強だけでなく、バレエや狂言、日舞などいろいろな芸事が学べることや、豊富な経験をもつ先生方と話ができることも大きな魅力だと思います。学生時代に学んだこと、出会った人のすべてが今の私の力になっています。これからもたくさんの経験を積んで、第一線で活躍する舞台俳優になることが目標です。この世界に飛び込むのは勇気がいると思いますが、自分を信じて第一歩を踏み出せば、そこからきっとたくさんのことが学べますよ。

OG・OB Message

【2017年卒業】81ACTOR'S 井村 奈緒 久留米商業高等学校(福岡県)出身

九州大谷で過ごした日々の
すべてが糧となっている

【2017年卒業】
81ACTOR'S STUDIO 井村 奈緒
久留米商業高等学校(福岡県)出身

声優という仕事を軸に役者として、舞台やラジオDJなどマルチに活躍できる存在になることを目標に毎日励んでいます。自分が表現したいことを表現できるようになって、自分の成長を感じられることがこの仕事のやりがいだと思います。卒業した今、お芝居はもちろんダンスや日舞など、九州大谷での実践的な学びやさまざまな経験が役に立っていると実感しています。「好きなことを学びたい」と考えて入学する人が多いと思いますが、大切なのはそこで過ごす日常の中にあります。学科の垣根を越えて、いろんな考えを持ったたくさんの人と出会い関わり合うことで、あなたという存在が豊かになっていきます。ぜひ九州大谷での毎日を全力で楽しんでください。

ページ先頭へ