九州大谷短期大学 演劇放送フィールド
33期生 11月公演ANDONE

私と世界のすき間

〜チェーホフ「かもめ」「三人姉妹」より〜

―あらすじ―

 恋と名声に憧れる女優志望の娘・優実は、芸術の未来を模索する青年劇作家・遠野孝一の愛には目もくれず、
中年の流行作家・塚田英雄に惹かれていた。

しかし、恋の現実はうまく行かない。

だんだんと信念が消えて気落ちしてゆく。


 一方、鈴木家の三姉妹、秀子、真美子、愛子は、それぞれに何か空虚でもの足りない生活を送りながらも、
未来に願いを託し、襲い来る苦難を乗り越えようとしていた。


恋や仕事に翻弄されながらも、自分が生きる世界を見つめ、
新たな一歩を踏み出す人物たち。

少し変わった演劇の形を使って、その姿を映し出す。



原作
A・チェーホフ 『かもめ』『三人姉妹』

潤色・演出
日下部 信(表現学科常任講師)

音響
今村 和雄(表現学科非常勤講師)

照明
生津 麻理子(表現学科非常勤講師)

舞台監督
古賀 裕治(表現学科常任講師)

制作
九州大谷短期大学表現学科演劇放送フィールド