メッセージ|福祉学科|九州大谷短期大学

HOME > 福祉学科 > メッセージ

九州大谷短期大学 福祉学科 メッセージ

Student's Message

福祉学科 山口 瑠衣花さん
学科/コース・フィールド:福祉学科
氏名:山口 瑠衣花さん
出身校:ありあけ新世高等学校(福岡県)

祖父母と同居していた際に、「私にも何か役に立てることはないだろうか」と考えたのがきっかけで福祉に興味を持ち入学を決めました。そのため、将来の夢は介護福祉士の国家資格と介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得することです。福祉学科は少人数のクラスで、一人ひとりにきちんと役割があるため、学校では「ここが自分の居場所だ」と実感できるところがうれしいなと感じています。授業はさまざまな内容のものがありますが、私のお気に入りはレクリエーションです。実習では授業で習ったレクリエーションを使い、利用者の方も自分自身も楽しいと思える時間を過ごすことができるようがんばっています。

Teacher's Message

専門的な知識・技術だけでなく
人間として成長できる場所に

准教授 河村 陽子 専門分野  臨床心理学
准教授:河村 陽子
専門分野:臨床心理学 

現代において介護福祉士は、社会から最も求められている貴重な仕事のひとつです。福祉は人が人を支援する仕事なので、相手のこころに寄り添い、共感することのできる介護福祉士を目指して指導しています。人が人を支援するためには、深い人間理解が必要ですが、そのためには相手を理解するだけでなく、自分を理解することも大切です。ここでは2年間の学びを通してしっかりと自分と向き合うことで、専門職としてだけではなく、人間としての成長を遂げることができるでしょう。それが、福祉の魅力、福祉の力です。

OB・OG Message

【2018年卒業】独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO)久留米総合病院付属介護老人保健施設 勤務 入部 祐加さん ありあけ新世高等学校(福岡県)出身

人の役に立てていることを
いつも実感できる素敵な仕事

【2018年卒業】
独立行政法人 地域医療機能推進機構(JCHO)
久留米総合病院付属介護老人保健施設 勤務
入部 祐加さん
ありあけ新世高等学校(福岡県)出身

本物の現場のような設備の整った環境で学べることが、九州大谷短期大学の一番の魅力だと感じています。また、少人数のクラスだったので、先生との距離も近く安心して日々の勉強にも国家試験にも取り組むことができました。さらに、クラスにはさまざまな年齢の学生がおり、中には社会人経験者も多数。高校時代までとはまったく異なる価値観に触れることができ、とても刺激的な学生生活を送ることができたと思います。まだまだ介護福祉士として未熟ですが、利用者さまの笑顔が見られることが大きな喜びです。介護の仕事は決して楽ではなくつらいこともありますが、利用者さまの笑顔を見ると、人の役に立てていることを実感します。

ページ先頭へ