メッセージ|福祉学科|九州大谷短期大学

HOME > 福祉学科 > メッセージ

九州大谷短期大学 福祉学科 メッセージ

Student's Message

介護福祉士そして、
5年後はケアマネージャーを目指してます

福祉学科 古賀 拓也
学科/コース・フィールド:福祉学科
氏名:古賀 拓也
出身校:福島高等学校(福岡県)

私は高校の時、進学先として福祉の学校を探していた時に実家から通える九州大谷短期大学のことを知り、オープンキャンパスへ参加したところ、学校の雰囲気が良く、福祉の設備も整っていて何より先生の模擬講義を受けて胸に響いたものがありここに通うことを決めました。今はまだ入学したばかりで、実習は数回しか行っていませんが、「日常生活Ⅰ」でのベットメイキングの実習が簡単そうに見えて難しかったです。まだまだ出来るようにならないといけないことが山積みですが利用者の方々の「生活の質」を向上させる為にも頑張っていきます。学校生活では友達にもクラスにも馴染むことができ、充実した日々を送っています。この短大はサークル活動が盛んで私は「アウトドアサークル」に入りました。
将来は、介護福祉士の国家資格を取得してその後、5年勤務しケアマネージャーになり利用者のケアプランを作成したいです。

Teacher's Message

"こころ"を大切にし、
寄り添うことができる福祉人に

准教授 塚本 真由美 専門分野  医療・地域福祉
准教授:塚本 真由美
専門分野:医療・地域福祉 

現代社会において、福祉人はとても貴重な存在です。2年間で身につけた介護の力を発揮し、地域社会の中で活躍できる人材になれるよう精一杯サポートしています。特に私が重きをおいているのは、〝こころ〟を大切にし、寄り添うことができる介護福祉士を育成すること。また、3年前からはじまった喀痰吸引や経管栄養といった「医療的ケア」の学習については、施設への実習に参加することで学習の成果がより上がっていくよう教員たちも一丸となって努力しています。福祉学科は、私たちも驚くほど福祉の志が高く、優しい〝こころ〟をもった学生がたくさん在籍しているのが特長です。充実のカリキュラムで、その力と将来の可能性をより伸ばしていきたいと考えています。

OB・OG Message

【2016年卒業】障害者支援施設 慈久園勤務 藤吉鉄矢 有明高等学校(熊本県)出身

人と出会い、交わることが
より良い仕事につながる

【2016年卒業】
障害者支援施設 慈久園勤務 藤吉 鉄矢
有明高等学校(熊本県)出身

学生時代に学ぶことは、そのときは無駄に思えることもありましたが、卒業して現場に出るとどれも必ず役に立つものだと実感しています。壁にぶつかったときは職員同士で相談しながら支援方法を考えることで、自分では思いつかなかったようなアイデアが出てくることもあり、人と交わりコミュニケーションする大切さを実感しています。大変なときもありますが、自分が行った支援が上手くいき「ありがとう」とお礼を言われたときや、利用者さまの笑顔を見られたときは、この仕事をしていてよかったと感じられます。学生時代にもたくさんのことを学びましたが、これからも勉強を続けて、ケアマネージャー、社会福祉士の資格取得を目指して頑張っていきます。

ページ先頭へ