メッセージ|専攻科 福祉専攻|九州大谷短期大学

HOME > 専攻科 福祉専攻 > メッセージ

九州大谷短期大学 専攻科 福祉専攻 メッセージ

Student's Message

幼児教育学科で学んだ技術や
知識を活かしてその先へ

専攻科 福祉専攻 山口 夢生
学科/コース・フィールド:幼児教育学科卒業後 専攻科 福祉専攻
氏名:山口 夢生
出身校:西日本短期大学高等学校(福岡県)

私は幼児教育学科卒業後、専攻科の福祉専攻へ進学しました。進学した理由は幼児教育学科の施設実習の時に利用者の方とコミュニケーションを取るのがとても楽しく、もっと深く学びたい、もっと深く学びたいと思ったからです。また、私には100歳を超える、ひいおばあちゃんがいます。今はまだ元気ですが、これから何があるかわかりません。専攻科で福祉についてさらに専門的に勉強してそんな、ひいおばあちゃんの為になれたらいいなと、思っています。専攻科福祉専攻の講義では特に「医療的ケア」に興味があります。将来は専攻科で学んだ知識や技術を活かして高齢者施設や障害者施設などで働く明るく元気な介護福祉士になりたいです。

Teacher's Message

あらゆる人を区別なく
総合的に支援できる人材を養成

教授 森永 牧子 専門分野  社会福祉学/介護福祉
教授:森永 牧子
専門分野:社会福祉学/介護福祉

保育の学びを活かした介護福祉士を養成することで、子どもや高齢者、障がいをもった方など、あらゆる人を総合的に支援できる人材を養成するのがこの学科の目的です。保育と介護という2つの資格をもつことで、学生はより幅広く活躍することができるため、目の前の進路だけでなく一生のキャリアについて考えることができるのが魅力。本学の幼児教育学科からの入学生をはじめ、「保育も介護も両方学びたい」という意欲ある学生がたくさん在籍しています。医療的なケアに加えてインファントセラピー、ボディパーカッションなど、保育士のキャリアアップにもつながる資格についても学ぶこともできるので、「将来の可能性を広げたい」という人にぴったりの場所です。

OB・OG Message

【2016年卒業】さわら老健センター 勤務 西田 周平 有明工業高等専門学校(福岡県)出身

介護の学びを通して
介護の仕事が好きになる

【2016年卒業】
さわら老健センター 勤務 西田 周平
有明工業高等専門学校(福岡県)出身

専攻科に入学した当初は、介護はすごく大変な世界だというイメージを持っていました。ですが、講義や実習を通して学ぶうちに介護にしかない魅力や楽しさに気づき、介護の仕事を志すようになりました。介護は人と人の関わり合いなので、初めての利用者さまや人付き合いが苦手な利用者さまなど、コミュニケーションが上手くいかないこともあります。その中で自分なりに考えてコミュニケーションをとっていくことで、名前を覚えてもらったり笑顔を向けてもらえるようになり、「少しでも信頼されるようになったんだ」という喜びとやりがいを感じることができます。今後は介護の知識をもっと身につけて、介護という仕事をもっと好きになりたいと思っています。

ページ先頭へ