九州大谷短期大学 幼児教育学科 児童福祉・心理コース メッセージ

Student's Message

幼い頃からの夢!心に寄り添い、
支えることのできる保育士目指します

幼児教育学科 児童福祉・心理コース 安元 美由希
学科/コース・フィールド:幼児教育学科 児童福祉・心理コース
氏名:安元 美由希
出身校:南筑高等学校(福岡県)

私は小さな頃から幼稚園の先生か保育士になることが夢でした。目標にしている先生が九州大谷短期大学出身でしたので、ここで学ぶことができれば目標の先生へ一歩近づくことが出来ると思い、この短大へ進学しました。この短大では九州で唯一「保育心理士」の免許取得が可能で、また専攻科に進学することで、「介護福祉士」の受験資格が一年間で取得できます。今は「実習基礎演習」と「保育実習指導」などの実習が自分にとってプラスになっていることを実感しています。早い時期から現場の雰囲気を感じることが出来ることもこの短大の特長だと思います。将来は目標としている先生のように子どもの心に寄りそい、支えることのできる保育士になりたいです。

Teacher's Message

体験を通した学びによって
より深く学び続ける保育者になる

講師  岡田 健一  専門分野  臨床心理学
講師:岡田 健一
専門分野:臨床心理学

幼児教育や保育・児童福祉の分野で活躍できる力を身につけることはもちろん、保育の技術を支える基礎となる子ども観・保育観を育成することを心がけています。1年前期の早い段階から保育園・幼稚園での実習を行い、体験を通して学ぶ機会を設けています。学ぶことが子どもを支えることに直結しているということを体感した学生は成長し続ける保育者へと育っていきます。

OB・OG Message

児童発達支援センター 勤務 木須 裕梨華 福翔高等学校(福岡県)出身

「できた!」のひと言が大きな喜びとやりがいに

【2017年卒業】
児童発達支援センター 勤務 木須 裕梨華
福翔高等学校(福岡県)出身

私がやりがいを感じるのは、子どもの「できた!」に立ち会えたとき。例えば、食事に全介助が必要だった子どもが、日々の療育の中でスプーンですくう、口に運ぶ、スプーンを抜く、お椀に戻す…といった動作の一つひとつができるようになるなど、成長を目の当たりにすると、この仕事をしていて良かったと喜びを感じます。児童発達支援センターに勤めている私にとって、学生時代に「障害児保育」の講義で身につけた知識は宝物。今でも教科書やノートを見直し勉強しています。これから入学される皆さんには、〝テストのため″ではなく、〝卒業後、働く自分のため″に必要な知識・技術を学んでおくことを強くおすすめします。

ページ先頭へ