スマホサイトで見る

九州大谷短期大学 幼児教育学科 児童福祉・心理コース カリキュラム

保育の基礎を深める

保育原理 保育について基礎的知識の修得。 社会的養護 児童養護の内容や支援を必要とする子どもについて学ぶ。
児童家庭福祉 児童福祉の専門職としての保育士の役割について学ぶ。 社会福祉 福祉の考え方と制度について学ぶ。

保育人間学

子どもからの「呼びかけ」と子どもへの「応答」。そこに人間としての出会いと智慧があります。自分の世界と向き合いながら、保育を考えます。

子どもの表現について学ぶ

音楽実技(ピアノ) 幼児の曲からピアノ曲まで能力に応じて学ぶ。
造形 造形表現活動がよりよく生きる場となることを学ぶ。
身体表現 幼児のための運動あそびの内容と方法の修得。

保育現場に学ぶ

実習基礎演習 1年前期から週1回3時間の実習とミーティングを行う。
保育実習I(施設) 児童養護施設、児童発達支援センター、障害児入所施設などで10日間以上の実習(1年次2、3月)を行う。
保育実習Ⅱ 2週間の保育所実習(2年次6月)。指導案作成と実践を含む。

保育者としての専門性を身につける

保育課程論 子どもの発達を知り、保育のねらいを理解する。 家庭支援論 子育て家族への援助の意義と方法について学ぶ。
教育方法論 様々な教育方法の基礎と実践。 子どもの保健Ⅰ 児童の発達の遅れや行動の異常に関する理解。
臨床心理学 心のしくみや教育相談について学ぶ。 子どもの保健Ⅱ 疾病に関する看護実習など。

子どものつまずきと向き合う力をつける

障害児保育 ハンディキャップを持った児童の保育を専門的に学ぶ。
相談援助 福祉専門職と援助技術の関係についての理解。
保育心理技法 さまざまな表現療法を体験し、表現を受け止める視点や力を養う。
保育心理演習 遊びを通して子どもと治療的に関わる方法を学ぶ。
保育相談支援 保護者の理解を深め、カウンセリングを学ぶ。
保育心理 保育心理士の役割を理解し、観察する力や発信力を養う。

保育心理技法

卒業後、保育所や児童福祉施設での即戦力となるために、絵や遊びなどを通して表現されたものをどう受け止めるか、実技を伴いながらさまざまな心理技法を学びます。

保育心理技法

保育相談技法

保育者として実践力をつける

保育実習II 90時間以上の保育所実習(2年次6月)指導案作成と実践を含む。
実習指導 事前準備、指導案作成と模擬保育、事後指導を行う。
個別支援実習 2週間の保育所等での実習(2年次8月)。個人ケースワーク、支援計画を作成、スーパービジョンを受ける。

ページ先頭へ