沿革|大学紹介|九州大谷短期大学

HOME > 大学紹介 > 沿革

九州大谷短期大学 大学紹介 沿革

1665年 東本願寺別邸渉成園内に学寮創設
1896年 真宗大学を設置
1949年 新設大谷大学開設
1970年 九州大谷短期大学開学(仏教学科・国文学科・幼児教育学科)
学長 斯波義慧
1974年 九州大谷幼稚園開設
1976年 学長 蓬茨祖運
1979年 国文学科に教職司書コース・演劇放送コースを開設
演劇放送実習棟竣工
1980年 体育館竣工 学長 桑門 豪
1984年 図書館竣工
1989年 幼児教育学科に幼児教育コース・国際幼児教育コースを開設
1990年 新大谷学寮竣工 演劇放送館(小劇場・放送スタジオ)竣工
1991年 国文学科の教職司書コースを情報司書コースに改称
1993年 幼児教育学科に社会福祉コースを開設
1995年 専攻科・福祉専攻を開設
1999年 福祉実習室・研究室・演習室棟竣工
福祉学科を開設
幼児教育学科の社会福祉コースを福祉コースに改称
2000年 国文学科を日本語コミュニケーション学科に名称変更
生涯学習センターを開設
2001年 学長 古田和弘
2002年 幼児教育学科の福祉コースを児童福祉・心理コースに改称
2005年 日本語コミュニケーション学科を表現学科に名称変更
情報司書コースを情報司書フィールドに改称
演劇放送コースを演劇放送フィールドに改称
2008年 学長 大江憲成
桜保育所を筑後市より移管
2010年 九州大谷真宗研究所を設立
大谷講堂竣工
2016年 学長 三明智彰
2017年 学生食堂改修

ページ先頭へ