アドミッションポリシー|大学紹介|九州大谷短期大学

HOME > 大学紹介 > 教育方針

九州大谷短期大学 大学紹介 教育方針

全学

本学は、教育基本法及び学校教育法の定めるところに従い、高等学校教育の基礎のうえに実際的な専門の学芸を教授研究し、仏教の精神に基づいて社会に貢献しうる有能な社会人を育成することを目的とする。(学則第1条)

表現学科

新たな出遇いと想像力の場である文化の現場において、人と人を結ぶコミュニケーション能力を身につけることを教育内容とする。劇場と図書館を教育の場として活用し、現場を動かす力の開発を重視したカリキュラムにより、身体と言語による表現能力を身につけた専門家として、共に歴史と世界を生き、深く問い続ける表現者を育成する。

幼児教育学科

一人ひとりの育ちに光を当てた真宗保育を探求し、専門的な知識と保育技術を身につけることを教育内容とする。主体性を持った遊びと生き生きした表現に焦点を当てたカリキュラムを通して、学生の学びと育ち合いを保障し、乳幼児や特別な支援を必要とする児童に寄り添い、保育や教育現場への応用力を持った保育者を育成する。

専攻科福祉専攻

真宗保育の学びを基礎に、介護福祉に関する総合的な視点を身につけることを教育内容とする。高齢者や障がい者など、援助を必要とする人々を一人の生活者としてとらえ、援助を必要とする人々との出遇いを通して自己を確かめ、共に生きることを願う介護福祉士を養成する。

福祉学科

仏教福祉の視点から、老・病・死に向き合い、深い人間理解を基盤とする高度な介護福祉学を身につけることを教育内容とする。介護現場での応用力に視点をおいた実践的なカリキュラムにより、介護を必要とする人のこころに寄り添える豊かな感性を持つ、地域福祉のリーダーとなり得る介護福祉士を育成する。

仏教学科

求道的関心をもって真宗仏教の基礎と実践を学ぶことを教育内容とする。学生と教員とが、共に直接『真宗聖典』をひもとき聖教に触れて、自己を問う中で新しい自己を発見し他者と出遇う。さらにその学びを公開し、共に生きる姿勢を確かめる。これらの学びを通して、生涯かけて自信教人信の誠を尽くす溌溂たる人物を育成する。

ページ先頭へ