人間の基礎|大学紹介|九州大谷短期大学

HOME > 大学紹介 > 人間の基礎

九州大谷短期大学 大学紹介 人間の基礎

  • 人間学
    • ①御命日勤行・大学報恩講
    • ②人間学講義
    • ③仏教讃歌講義
    • ④人間学座談
  • 自己との出会い
  • 社会との出会い
  • 人権論


本学は、仏教の精神、なかんずく親鸞聖人が浄土真宗の名をもって明らかにされた精神を教育の基本にしており、それは「本学の願い」として表現されています。
私たちのこれまでの学びは、近代の理性を大前提としてそれを基礎にして成り立ってきました。なるほどそれは神からの人間の自由でありました。しかし人間の理性がおちいる諸問題については見落とされたままで現代の混乱を迎えています。例えていえば、幼児のことを学んでいきながら幼児が見えなくなるとしたら、その学びは何なのでしょうか。
学びに関していえば、近代においては、人間の精神を探求していく学びは「学」として成立していく過程で並列された、幾多の教科目の一つとして位置づけられてきました。そのために各教科目が分化され複雑化されて、概念操作の檻の中で逆に人間が見えなくなってしまい、しかもその現実を問い直すことも出来なくなったという歴史的事実があります。人間を考えたはずの学問が抱えてしまった、人間そのものに対する鈍感さという不幸であります。
本来の学問は、この学問の不幸を克服しつつ、より人間を学ぶ「学」としてあらねばなりません。
本学における人間の学びは、現在開設されている幾多の教科目の中の一科目という位置ではありません。いわば各教科目の基礎にその根源として見いだされる精神、人間を学ぶ学びの基礎としての精神、つまり「人間の基礎」である。従ってその精神は、本学共有の精神なのです。
そして、その精神を特に全学で具体的に確認するために、(1)「人間学」、(2)「自己との出会い、社会との出会い」が準備されています。

皆さんの積極的な参加を願います。

学びの基礎の全学的確認
(1)「人間学」
(2)「自己との出会い」・「社会との出会い」

ページ先頭へ