アドミッションポリシー|大学紹介|九州大谷短期大学

HOME > 大学紹介 > アドミッションポリシー

九州大谷短期大学 大学紹介 アドミッションポリシー

全学

建学の精神である「本学の願い」に共感し、共に学び成長する意欲を持った学生を受け入れる。

表現学科

求める学生像は、劇場や図書館で、出遇いと想像力をもって社会に役立ちたいと考える人。つまり、身体および言語表現の可能性を、文化の現場でより深く開発しようとするものである。
これまでの現場経験の多寡は問わない。人間の基本であるコミュニケーション能力を学んで行く意欲のある学生を求めている。

幼児教育学科

求める学生像は、一人ひとりの育ちに光を当てる真宗保育の理念を理解し、実践を目指そうとする者である。
これまでの幼児教育・保育の学びの多寡は問わない。「本学の願い」に共感し、共に学び成長する意欲、子どもと共にある保育者となる意欲を持つ学生を求めている。

専攻科福祉専攻

求める学生像は、保育士資格を持ち、介護福祉の知識と技能を修得し、幼児から高齢者まで幅広く対応できる専門性と実践力を身につけ社会に貢献しようとするものである。
これまでの介護や福祉の学びの多寡は問わない。「本学の願い」に共感し、他者との人間的な関わりを好み、共に成長する意欲を持つ学生を求めている。

福祉学科

求める学生像は、人間が好きな人で人間的に大きく成長したい人。将来、福祉施設で働きたい人、経営に従事したい人、家庭介護に役立てたい人には、特に優位である。
これまでの介護や福祉の学びの多寡は問わない。「学ぼう」という意志があれば心配はなく、介護福祉を学んでみたいという意欲のある学生を求めている。

仏教学科

求める学生像は、仏陀の教えに出会い、人生の意味を明らかにしたい人。つまり、生きることの意義をより深く明らかにしようとするものである。
これまでの仏教の学びの多寡は問わない。基本的な読み書きができて自らが生きることの意義を仏教に学んで行く意欲を持つ学生を求めている。

ページ先頭へ